やってしまった!喪中はがきの管理トラブル

毎年、何人かの人から喪中はがきをいただきます。
喪中はがきをもらって人に対しては、寒中見舞いをおくることで対応しているのですが、先日困ったことが起きました。

三が日は遠方の実家に帰省しているので、帰ってきてからポストを開けて年賀はがきをチェックするのですが、そのなかに、喪中はがきをもらったであろう人からの年賀状が届いていたのです。

どうして喪中なのに年賀状が贈られてくるのだろう?とおもって、ハガキをファイリングしているファイルを確認したところ、その人の喪中ハガキは1年前のものだったのです。
つまり、ことしは喪が明けているということ。

喪中の時期を間違えたがために、かなり年賀状を贈るにもぎりぎりのタイミングで送信することになってしまいました。
喪中はがきのデザインというのは、干支なども書かれておらず、だいたいみんな似たり寄ったりのものが届くのできちんと読まないと間違えてしまうんだなと思い、反省しました。