喪中ハガキを作って、送って実感

今まではずっといただくだけだった喪中ハガキを、
大好きだった祖母の為に、作らなくてはならなくなってしまいました。
自分の愛する家族が亡くなって初めて、気づくことは多いです。

親が大変なので作るのを引き受けましたが、選択肢の多さに悩みました。

葬儀会社、ハガキソフト、写真屋、ネットなど比較して、
材質から選べる、写真屋(パレットプラザ)で作りました。

定型文のようで、そうでないのが、ご挨拶です。

喪中につきの後、控えるのは、年末年始か年賀か、
亡くなった人の名前を書くか、書かないか、
享年は、一言添えるか、、
大切な人の場合だと、想いがこもっている分、悩んでしまいます。

デザインも、全体的には、どれもおとなしいので
簡単に決められそうと思ってましたが、
微妙に違う柄の中で、家族の中でも意見は別れます。
特に、会社関係が多いので地味すぎでも、派手すぎでもダメでしたから、、

やはり、年長者の意見を重視しようという事で、
デザインを決め、最後に、素材です。

これは、普通の紙か、和紙かの違いなので
悩むことはありませんでした。

最後は、10月下旬あたりに、投かんするだけでしたが
最後の難関、「喪中52円切手」がそろわない。

投函時期が同じ頃なので、郵便局によっては切らしているときもあります。
何局か行って確保しましたが、
郵便局には必ず「あるはず」と思い込んでいたので、びっくりしました。

大量に投函される方は、先に購入されたほうがいいと思います。

喪中ハガキには心がこもっていると
出す側になって、気が付きました。