喪中はがき作成も慌ただしく

祖母が亡くなったのが十二月の中旬だったのですが、他の作業が割合忙しく、喪中はがきの作成は片手間にやっていたのが正直なところです。

私の場合は元々年賀状を送付する人数も少なかったこともあり、当時三件のみの作成だったことは記憶しています。
その三件も、時期が年末だったため急いだ方がよいと考え、先にメールで今年は年賀状を送らないように伝えた上で喪中はがきを送付しています。

作成にあたってはパソコンを使用し、ソフトは筆まめ体験版(https://fudemame.net/products/hagaki/fudemame/free/)をベースにしました。

文面については、ネット検索「喪中はがき 文面」の先頭に来たページの中から流用したことは記憶していますが、四年前のことなのでどのサイトかは不明です。
この当時文面の内容にこだわっている必要もないと考えていたはずです。

とにかく時間が少なかったので、普段やっている年賀状作成の方法とほぼ同じにして家族分一気に作成しました。

続きを読む

やってしまった!喪中はがきの管理トラブル

毎年、何人かの人から喪中はがきをいただきます。
喪中はがきをもらって人に対しては、寒中見舞いをおくることで対応しているのですが、先日困ったことが起きました。

三が日は遠方の実家に帰省しているので、帰ってきてからポストを開けて年賀はがきをチェックするのですが、そのなかに、喪中はがきをもらったであろう人からの年賀状が届いていたのです。

どうして喪中なのに年賀状が贈られてくるのだろう?とおもって、ハガキをファイリングしているファイルを確認したところ、その人の喪中ハガキは1年前のものだったのです。
つまり、ことしは喪が明けているということ。

喪中の時期を間違えたがために、かなり年賀状を贈るにもぎりぎりのタイミングで送信することになってしまいました。
喪中はがきのデザインというのは、干支なども書かれておらず、だいたいみんな似たり寄ったりのものが届くのできちんと読まないと間違えてしまうんだなと思い、反省しました。

続きを読む